東京都板橋区,申請取次,行政書士|柴田行政書士事務所-Administrative Specialist-


休日の問合せ、英語による相談もOK

「法律相談」というと思わず身構えてしまいがちですが、そういった方々のために丁寧かつ親身なアドバイスをおこなっています。日米の大学を卒業し、英語及び法律にたけた行政書士がご相談をお受けいたしますので、英語でのお問合せも可能です。

TEL:03-6661-4268

営業時間

9:30-18:00
-
-
-

トピックス
業務紹介

会社を設立するには…

会社設立は行政書士にお任せ下さい!
会社を設立するときは、手続きは専門家に任せて、経営者は事業の準備にエネルギーを使うのが理想です。
専門家に任せれば、最短での設立が可能です。

在留資格申請・更新

申請取次行政書士に依頼して、窓口に出頭する手間を省きましょう!
わが国の入管法では、原則として、自ら地方入国管理局に出頭して、申請書類を提出しなければなりません。
しかし、申請取次業務を行える行政書士に依頼すれば、自ら出頭する必要はなくなります。

在留資格の種類、許可の基準など親切にご説明いたします。
書類の作成及び申請を専門家に任せて本業に専念しましょう。

古物商許可申請

中古品を売買して利益を得るには都道府県の公安委員会から許可を得なければなりません。

古物商の代表的な例には、リサイクルショップ、古本屋、古着屋、中古車販売、古美術商、インターネットオークションサイトの運営などがあります。

古物は、古物営業法施行規則により、13品目に分類されていますので、詳細についてはお尋ねください。

建設業許可を取得するには…

会社の信用のためにも、きちんと建設業許可をとりましょう!
軽微な工事以外の建設工事を行うには建設業許可が必要です。
また、建設業許可は公共工事の入札に参加するための資格条件にもなっています。